受講費用以外に追加で支払うものは基本的にはありません。ただし、1講座あたり質問を4回以上行う場合には、4回目以降1回あたり210円の費用負担をお願いすることになります。
現在分割払いのシステムはありません。
更新手数料は一切必要ありません。そのまま継続して受講することができます。年度切り替え時期に料金の見直しが行われる可能性はありますが、値下げを行った場合に、すでに購入済みの講座費用の差額分の返金をすることはありません。また値上げになった場合でも差額分を請求することはありません。新年度に新たに受講を開始する講座の費用は新料金が適用されることになります。
クレジット決済の場合にはシステムから決済完了のメールが届きます。メールの内容に決済が完了していることが記載されていれば、決済完了を確認できることになります。銀行振込の場合は直接確認する方法はありません。決済が完了し、当サイトが入金を確認した時点で、講義を受講するためのサイトアドレスをお知らせする決済完了メールを送信します。このメールを受信することによって料金が間違いなく振り込まれたことが確認できます。振込後3日以上たっても決済完了メールが届かない場合には、CSSサポートまで問い合わせをお願いします。
受講の中止は、会員の方ご自身の判断でお願いします。特にお知らせをいただく必要はありません。購入の際に、いかなる理由においても返金措置がとられることがないことを同意していただきます。受講者が後悔をすることがないよう、講座全てが単体で購入できるようになっています。一度に沢山の講座を購入することは推奨していません。受講して効果を実感できたとき、次の講座を購入するように心がけてください。
理解を深めるためには、導入講義と例題講義は並行して受講することを推奨しています。力学分野以外は導入編と例題編を並行して受講することを前提に創り込まれているので、一方だけを受講することはあまり意味がないと考えてください。費用を安く抑えるために、導入編だけを購入する方は、自己責任のもとで受講していただきます。
原子分野は無料で公開されていますが、これは当サイトが提供する講義のレベルと質を告知するためのものであり、いわば宣伝のために配信しているのです。したがって、会員以外の方に配布することはありません。有料版の導入と例題講座を全て受講した方には、原子分野の導入と例題講座のテキストを、有料版の演習講座を全て受講した方には、原子分野の演習講座のテキストを無料で配布しています。ただし希望者のみとなりますので、対象となる会員の方は当サイトまで連絡をいただく必要があります。
FacebookとTwitterのアカウントは所有していません。CSS高校物理発足当初、Twitterを利用していた時期もありましたが、発信する情報がなく、得られる利益よりも失うものの方が大きいと判断し、現在は管理者個人のレベルでもアカウントを所有していません。ブログの開設も予定していません。音声指導ができるようにSkypeのサポート専用アカウントは所有しています。
CSS高校物理の運営管理者は、大手の予備校で10年、準大手予備校にて20年の指導実績のある元予備校講師です。サイトの運営管理は太平洋の荒波にさらされる小さな離島において、たった一人で行われています。テキストと解答の制作、動画素材の制作とアニメーション化、講義の収録と編集、Webページの制作と運営、受講生の管理システムの構築と運営、受講生からの質問対応などすべてを個人でこなしており、アウトソースしているものは一つもありません。実家の仕事を副業としながら、のんびりそしてじっくりと講義の質を高めるために日々努力を積み重ねています。 
ホームページ内で使用されている高画質の写真や、動画内で使用されている一部の写真はフリーの画像を提供しているPixabayというWebサイトから取得したものです。大変多くのフリーの写真やクリップアート画像を提供しているサイトなので、覗いてみるとよいでしょう。